貴社の店舗がIoTを使って未来型の店舗へを生まれ変わりたいとき、まずはじめに壁となるのが在庫だ、ということが多くおこっています。探している商品が陳列棚からすぐに見つからなければ (または販売員が在庫をすぐに取り出せなければ)、実店舗での購入体験は失敗に終わってしまいます。

また一方、余剰在庫、在庫切れ、紛失や盗難などによる在庫数の減少 といった在庫の偏りによって小売で生じる損失は、全世界で金額にして約 1.1 兆ドルにも及びます。そのうち、在庫のシュリンケージだけでも、米国内の小売業の損害額は 420 億ドルになり、この数字は小売業の総売上の約 1.5% になります。

リアルタイム在庫を実現したい場合、インテルがこの分野でのリーディングカンパニーです。

ほぼリアルタイムに在庫を把握

RFID タグを在庫に取り付けて小売業向けのシステムおよびアプリケーションと統合することで、店舗内での各商品の流れを追跡できます。この商品追跡データから、日常業務の管理に役立つインサイトが得られ、配置ミスの商品を再陳列するアラートを設定したり、販売促進や棚出しのコンプライアンス、労働管理など、より高いレベルで適切な判断を下すことが可能になります。

最先端のデジタルインサイトを実店舗にもたらす

センサー・テクノロジーは、在庫に関するほぼリアルタイムの実践的なインテリジェンスを得るためのシンプルかつ経済的な手法です。インテル® リテール・センサー・プラットフォームは、顧客のプライバシーを守りながら RFID タグを介して商品を追跡し、在庫、仕入れ、顧客の流れ、地域ごとのニーズに関する最新情報を販売スタッフに提供します。RFID データをビデオなどのデータと組み合わせて素早く分析することで、店舗での行動と顧客の嗜好を集約したポートレイトも作成できます。